タラバガニ ふんどし

かに通販ランキング

タラバガニのふんどしの手に入れ方と食べ方とは

タラバガニのふんどしの手に入れ方と食べ方を説明する前に、その部分の意味をご説明させていただきます。このカニのふんどしというのは、カニ自体を裏にしてみると三角のところが見えるかと思います。この部分をふんどしといっています。また、別の言い方をすると、はかまとか前掛けとか言っているところもあるようです。

 

そのカニについては、この部分というのは、肉付きがいい部分でもあり、食べることができる部分でもあります。また、メスにおいては、その部分に卵をいっぱいつけているときもあり、その卵自体もこの部分と同様に珍味とされている部分でもあります。さて、この部分というのは、一般的になかなか食べることにでくわさないところでもあり、食べることがめずらしいところなので、知らない人にとっては食べられない部分といった誤った認識のある人も少なくないところでもあるのです。

 

そんな部分を食べるには、高級料亭や海に近いカニの水揚げのある漁港近くの飲食店屋さんに、もしかするとあるかもしれないというレベルのものでもあります。それは、タラバガニの鮮度を保つためにさばいたりしたときに、その部分をとってしまうことにあるのです。そこで、その部分というのは他の流通過程に回されたりして、一般家庭には、身の多い足などがボイルし、冷凍にしたものが出回ることになるのです。

 

今は、鮮度のあるタラバガニ自体を直送することが可能なので、まるごと一匹購入することも可能で、そのような方法使って手に入れることもできます。さて、そのように手に入れたタラバガニについては、ふんどし部分を取ってその部分の厚い肉を直接わさび醤油や酢醤油などで食べてもいいし、マヨネーズと一味であえて食べたり、また、てんぷらにしても美味しく食べることができます。以上これが、タラバガニのふんどしの手に入れ方と食べ方の説明になります。